製品紹介

PCベースモーションライブラリ

RTPL-M3/RTPL-EC

PCベースモーションライブラリはファインモーションの機能の一部を部品化したソフト関数群(ライブラリ)です。ライブラリをお客様ソフトに組み込むことで自由に独自のモーション制御を開発できます。世界でもっとも利用されている統合開発環境“Visual Studio”で開発が可能です。
サーボ制御の機能を「モーションライブラリ」に任せることで、お客様の独自性を発揮しつつ簡単に多軸モーションを実現できます。

モーションライブラリとファインモーションの違い

モーションライブラリは、ファインモーションの機能の一部をC言語関数としたものです。
お客様は、ソフトの部品(組み込み)として使うことで、面倒な軸制御機能を簡単に活用できます。

  モーションライブラリ ファインモーションコントローラ
製品形態 ソフト単体(ライブラリ)
INtime上で動作するソフト
ボード・モジュール・ソフト単体
使用形態に応じて、いろいろなタイプ
機能 単純な動作(単発)
位置決めや補間
手動運転 コマンド運転
自動運転(運転プログラム)
完成形のモーション機能
マシンの管理・制御 関数を用いてお客様が自由に開発
ラダーや他のPCソフトとの連携が可能
ファインモーションがマシン制御
一連の動作を一括で制御
特徴 軸制御のための部品のようなソフト
Visual Studio上で利用可能なAPIを組み合わせることで、C/C++にてモーションアプリケーションを開発可能
他のソフトが無くても、単独で自立して運転できる

特徴

モーションライブラリ(MECHATROLINK/EtherCAT)

MECHATROLINK-III/EtherCATのサーボ・I/Oを簡単に使えるように機能毎の関数を準備しています。
WindowsやINtime環境で独自のモーションシステムや自動機制御が簡単に開発できます。
EtherCAT版は、DC機能とCiA402ドライブプロファイル準拠のサーボアンプに対応しています。
 また、マスタスタック(RSI-ECAT/DC or AI-ECAT)の購入が別途必要です。

※PLCツールソフト、PLCは必須ではありません。

3つのインターフェース
  • Win-IF

    DLL(Dynamic Link Library)を介してWindowsアプリケーションからモーションライブラリの機能を利用できます。

  • C言語IF

    INtime上のユーザ制御ソフトからも位置決め機能を利用できます。

  • PLC-IF

    国際標準PLC「ProConOS」とも強力に連係します(IEC61131-3準拠)。

モーションサンプリング「TPCロギング」

多軸の軌跡・トルクなどの精度解析が可能です。制御周期に同期した軸の情報をEXCELで解析できます。
独自の動作・機構・サーボ系の動的精度の検証は、システム開発の効率を向上させます。

  • サーボ応答解析の例
  • 真円精度解析の例
  • 事前検証

    サーボを繋ぐことなくシミュレーション解析ができます。

  • 実機運転

    サーボを繋げることで実動作の解析ができます。

  • サーボ応答

    サーボ系や機構の動的応答の計測できます。

  • 軌跡精度

    実軌跡(合成軌跡)と理想軌跡との差分を計測できます。

  • 真円精度

    極低速の不感帯 / ゲインバランスを確認できます。

導入ガイダンス
  • サンプルソフト

    各関数の応用事例をC言語ソフト(ソースファイル)でご提供します。

  • トライアルキット

    PC・サーボ・I/Oのデモユニットと運転トライアルのためのサンプルソフト集です。
    半日程度の体験でご理解いただけます。

  • サンプル運転ソフト

    Windows上の運転画面ソフトです。
    C言語ソフトを自作しなくても、運転できます。

機能・関数リストはこちらから

仕様

RTPL-M3/RTPL-EC
【仕様・動作環境】
型式 RTPL-M3
(MECHATROLINK-III対応)
RTPL-EC
(EtherCAT対応)
CPU Atom D510以上 Core 2 duo以上
メモリ Windows必要量 + 128MB Windows必要量 + 256MB
軸指令 MECHATROLINK-III 1Gpps
位置・速度・トルク制御
EtherCAT(CiA402ドライブプロファイル)
位置・速度・トルク制御
最大62軸(I/Oスレーブ局との合計)
通信 共有メモリ
データ保存 HD/SSD等のストレージ
制御周期 0.125/0.25/0.5/1/2mse 0.25/0.5/1/2msec
開発言語 C/C++
開発環境 Visual Studio
INtimeバージョン 4.2以降
その他 スレーブ局(サーボ、I/O)を合計62局接続可能
  • RTPL-M3/RTPL-ECはソフトウェア商品です。
    PCはユーザ様でご用意いただくため、寸法・電源・CPU・メモリ等は選定されたPCによります。
  • 一覧に戻る