導入事例 用途から探す

加工機

  • 一覧に戻る
1台の装置で放電加工、切削、研削など複数の用途を実現
背景
通常の装置は一つの装置で一つの用途(役割)で設計・製造されます。
しかし、ある装置メーカーでは他社との優位性を上げるために複数の用途で使用できる装置開発を目指していました。
課題
放電加工(穴開け、微細穴開け、型彫り)
切削(ミーリング、ドリリング)
研削など

様々な用途に必要な制御機能を実現すること
解決策
複数用途に必要な機能があり、一つ一つの機能をモーションコントローラ内部に開発(カスタマイズ)
メリット
1台の装置で放電加工、切削、研削など複数の用途を実現
ヘッド部を変更するだけで複数用途が使える装置を実現したことで
・設計の省略化
・製造コストの削減
・市場を拡大
・唯一のモーションコントローラを実現
関連資料

  • 一覧に戻る