導入事例 用途から探す

加工機

  • 一覧に戻る
5軸加工機の制御事例
要望
5軸加工機の制御事例
XYZAC(テーブル回転)型5軸加工機の制御事例です。

5軸加工機ではテーブルが傾斜したり回転するため、工具の干渉を回避しながら加工する必要があります。
工具先端点制御機能がない場合、一部加工しては工具を逃がし、再度加工を繰り返しますが、機能があることでテーブルの回転軸や傾斜軸を意識することなく連続した加工が可能となります。
TCP機能を使えるCAMもありますが機構誤差や工具の長さ・摩耗などによる誤差に対応できません。
TCP機能が使えるモーションコントローラではパラメータ変更により運転プログラムの変更なく、加工ができるようになります。
お客様からはTCP機能をモーションコントローラ側で実現することを要望されました。
解決
・TCP機能を実現
・工具長補正や工具径補正などすでに持っている機能をフル活用
メリット
大手NCメーカーと同等レベルの加工精度を実現
関連資料
PCベースファインモーションにて制御

対応Gコード(標準)※カスタマイズにてコードを追加することも可能

  • 一覧に戻る